家族葬相談センター NPO 家族葬の会についてサイトマップお問合せ

家族葬
ご相談・お問い合わせ:0120-77-5402
サービス提供地域
東京都(23区・三多摩)
神奈川県東部・埼玉県南部
千葉県北西部
愛知県南部・三重県四日市市
京都府南部・大阪府
兵庫県南東部
石川県金沢市周辺

メールはこちら

NPO 家族葬の会 TOP>>葬儀用語集目次>は〜ほ

葬儀用語集・は〜ほ

私たち葬儀業界にいる者にとっては当然であっても、普通の人にはわかりにくいのがお葬式用語です。ここでは、簡単すぎるかもしれない用語からできるだけわかりやすく実用的に解説いたします。

は〜ほ
 墓  墓という字は、「土」と「莫」からなっています。「莫(ボ)」は、「覆い隠す」という意味ですから、「土」で死者を「覆い隠す」=墓という意味になります。ちなみに、「暮」は「日」を覆い隠すという意味から、日が暮れるという意味のようです。
 ひつぎ(棺・柩)  棺は棺おけのこと。昔は座棺でしたが、今では寝棺です。
棺に遺体を入れたら柩になります。
 仏具  通夜・葬儀の際僧侶が使用する道具。りん、香炉、焼香炉、ろうそく立てなどです。祭壇の前に前机がありその上に載っています。僧侶は前机の前に座って読経します。
 仏式葬儀  仏式葬儀とは仏教による葬儀です。僧侶が戒名をつけお経を読み儀式を執り行います。
 日本において、宗教が一般人の葬儀と最初に結びついたのが仏教ですが、歴史は浅く江戸時代の寺受け制度(幕府の命令によって作られた戸籍を寺が管理する制度)の成立(1635年)からです。それまでも仏教は貴族や武家などの葬儀を行いましたが、その人たちは、生前に仏門に帰依し戒名を受けていました。
 法要  死者のために追善供養をする場。初七日法要や49日法要などがこれに当たる。
 保管室  遺体の保管室の意味。
 たいていは冷蔵庫がずらりと並ぶ専用の部屋です。火葬場や東京では搬送業者が経営しています。
 本葬  本葬は、近親者のみでを行った後おこなう。
は家族とのお別れの場であるのに対して、本葬は地域社会などとのお別れの場です。




無料葬儀相談室
家族葬 のお役立ち情報

家族葬 気になるあれこれ

家族葬の会コラム

家族葬について


365日24時間 フリーダイヤル 0120-77-5402  E-mail:mail@npo-kazokusou.net
特定非営利活動(NPO)法人「NPO 家族葬の会」
Copyright(C)2003-2008. NPO 家族葬の会 All Rights Reserved.