家族葬相談センター NPO 家族葬の会についてサイトマップお問合せ

家族葬
ご相談・お問い合わせ:0120-77-5402
サービス提供地域
東京都(23区・三多摩)
神奈川県東部・埼玉県南部
千葉県北西部
愛知県南部・三重県四日市市
京都府南部・大阪府
兵庫県南東部
石川県金沢市周辺

メールはこちら
NPO 家族葬の会 TOP>お知らせの文例

プリントアウト用資料

 

 NPO家族葬の会
 資料目次
 
 考え方=簡素でやさしい家族葬
 T サポート内容
 (1)家族葬
 (2)通夜葬
 (3)直葬(火葬式)
 U 料金
 (1)家族葬・通夜葬の料金
 (2)直葬の料金

簡素にやさしく・・・・ご希望どおりの家族葬を 
 「希望どおりの家族葬」を「納得のいく料金」でだしたい。このお気持ちにこたえるために、NPO家族葬の会は次のように考えました。 
 1,ご遺族の意思を最大限尊重すること。 
 2,全品目の料金を明示すること。(=必要な品目だけを選択・お支払い) 
 *「全品目料金の明示」によって、料金をもっとも明瞭にすることができます。
 *「必要な品目の選択」とは、「いらない」ものは、料金には算入されません。
 *明瞭性と公平性によってリーズナブルな低価格を実現します。 
 *ご相談時に、料金に関するていねいな説明をいたします。  
 *その場でほぼ完全なお見積もりができます。 
 *もちろん見積もりと請求額は同じです。 
 3、低料金でも、納得のいただける十分な内容・品質であること。 
 
 T サポート内容 
 
(1) 家族葬 
1、家族葬のメリット 
    @ 家族や親族、友人など故人をよく知る人たちが参列します。 
       そうすることによって遺族は葬儀のわずらわしさから解放され、故人
      とのお別れに気持ちを集中することができます。
    A 規模が小さくなりますから、費用の負担が小さくなります。 
2、注意ポイント ・・・遺族が決めなければならないこと
    @ 通知の範囲 
       A 葬儀後の連絡
       B 宗教儀式か無宗教か。当会では、宗教葬=7割、無宗教=3割です。
       C 戒名をつけるかどうか
       D 香典受け取るかどうか
      ただし、香典については柔軟に対応する必要があります。
      E 親族の理解・・・特に無宗教葬や無戒名の場合
     F 式場は、自宅・集会所・貸し式場などで制限はありません。
3、家族葬の手順
    @ 仏式で行う場合には一般的な葬儀と手順に変わりはありません。
       A 無宗教式の場合・・・喪主の挨拶、黙祷、献花などをおこないます。
(2) 通夜葬
1、通夜葬のメリット
    「2日間の葬儀は必要ないが、故人とゆっくりとお別れをしたい」とお考
       えの方には通夜葬が適当です。費用も当然小さくなります。
 2、通夜葬の注意ポイントは、家族葬と同じです。
 3、通夜葬の手順
     @ 仏式の通夜葬
        @ 読経
      通夜の時には僧侶に読経をしていただきます。参列者は読経の間に
      焼香をします。
        A 通夜
      読経終了後は、昔の通夜ように、料理を食べお酒など飲みながら故人
          を囲みお別れをします。
        B 出棺
      通夜の翌日は、棺に祭壇を崩した花をいれ、お別れをし、火葬場に向
      かいます。このときには、読経はありません。
        C 火葬ご収骨
    A 無宗教式の通夜葬
       @ どのようにつやをすごすかは、遺族の考え方しだいです。
              特別なことはせずに、いろいろな話をして故人をしのぶ方が多いようです。
          A 翌日は最後のお別れをし、出棺します。
 
 (3) 直葬(火葬式)
1、火葬のみを行う直葬が好まれています。基本的に火葬だけを行います。
2、手順
 @ 死亡の確認
 A 病院からの搬送と安置(御自宅での死亡の場合は必要ありません。)
 B 納棺
 C 火葬場への搬送(病院から直接火葬場へ搬入の場合は必要ありません。)
 D 火葬死亡確認ご24時間経過ご
 E 収骨
 
 
 U 料金
 
 (1)家族葬・通夜葬の料金
 当会の料金は必須品目を除いて、すべて選択をしていただくシステムです。   必要な品目を選択し、必須品目を合計すれば費用の概算が出ます。
 1, 必須品目(お葬式をする場合の最低限必要な費用です。)
 @ 搬送費=126,250円(深夜と長距離は割り増しになります。)       搬送は火葬場への搬送を含めて2〜3回の搬送になることが多い。
 A 遺体保管費用=公営2,000円〜3,000円程度。民営10,500円程度。
    式場の都合で、保管が必要な場合に保管施設を使用します。民営の施設は、  公営の施設が使えない場合に使用します。
 B 式場使用料(ご自宅の場合は必要ありません。)              首都圏では、式場使用料は20万円〜30万円のところが多いので、当会では自  宅や集会所、公営の斎場(5万円程度)などを先ずお勧めしています。また、  地域は限られますが、5万円〜7万円程度の式場もご提案しています。お尋ね  ください。
 C 棺(布団・仏衣・白木位牌を含む。ただし特大は割り増し。)
    桐=47,250円、布張り=99,750      
 D ドライアイス=1回10,500円
 E 骨壷=10,500円〜
 F 火葬料(火葬費用、待合室など)公営0円〜2万円程度、民営5万円程度
 G 企画・運営・管理費(役所手続きなどを含む)
     家族葬=99,750円、通夜葬=73,500
 H 心づけ=1袋3,000円(運転手と民営火葬場などで必要です。)
 
 2、選択品目(これ以降の品目はすべて選択をしていただく品目です。)
 @ 枕飾り一式=10,500円(通夜までの間、自宅でお線香を上げるための支度で  す。)
 A 生花祭壇=147,000円〜(白木祭壇=30万円〜)
 B 遺影=26,250円(カラー・白黒とも同じ料金です。)
 C 仏具一式=21,000円(具足・線香・ろうそく焼香道具などです。)
 D 供花=15,750円(祭壇の両側に置く名札をつけたかご花です。)
 E 花額=26,250円〜
 F 会葬礼状(100枚単位・封筒入り・塩つき)=8,400
 G 会葬返礼品=1,050
 H お清め=1人2,500円程度(参列者の7割程度を用意)
 I 精進落とし=13,500円程度(お弁当形式です。)
 J マイクロバス=42,000円(20人乗り・10キロまで)
 K 後飾り=21,000円(納骨までご自宅で遺骨を安置します。)
 
 (2)直葬の料金
 1、必須品目
 @ 棺一式・・・・・・47,250円
 A 骨壺一式・・・・・10,500円〜13,335円
 B ドライアイス・・・10,500円
 C 搬送費・・・・・・1回26,250円(長距離・深夜は割り増し)
 D 火葬・・・・・・・民営48,300円、公営0円〜10,000円
 E 待合室使用料
   民営10名以下の場合1420円、10名以上の場合120,000円程度、公営は  0円〜20,000
 F 企画運営費・・・・52,500
 2、ケースによって必須
 @ ご遺体保管料・・・1日10,500円(民営)、2,000円〜(公営)
 A 搬送追加・・・・26,250円(長距離・深夜は割り増し)
 オプション
 @ 遺影(白黒・カラー)・・・・26,250円
 A 納棺花(棺に入れる)・・・・・10,500円
 B 出棺束(棺に乗せる)・・・・・10,500円
 C 釜前で読経・・・・・5万円〜(戒名は10万円から)
 D 後飾り・・・・・21,000円






無料葬儀相談室
家族葬 のお役立ち情報

家族葬 気になるあれこれ

家族葬の会コラム

家族葬について


365日24時間 フリーダイヤル 0120-77-5402  E-mail:mail@npo-kazokusou.net
特定非営利活動(NPO)法人「NPO 家族葬の会」
Copyright(C)2003-2008.NPO 家族葬の会 All Rights Reserved.