家族葬のことなら NPO 家族葬の会についてサイトマップお問合せ

 家族葬  サービス提供地域
 サービス提供地域
*東京都23区
*東京都多摩地区
*神奈川県東部
*埼玉県南部
*千葉県西部


 

 小さな葬儀屋だからこそできることがあります。

 それは、ご遺族の気持ちやご事情に配慮した丁寧な対応です。葬儀のやり方、葬儀費用など最大限に柔軟に対応させていただいています。
 また、私たちNPO家族葬の会は、「正直な葬儀屋」であることを通じて、消費者と私たちが共存できるお葬式を提案しています。消費者に「本当に(実際に)必要な価格」を提示し、なぜそうなのかを丁寧に説明します。そのうえで、ご遺族がどのように考えるのかをお聞きします。
 

 「ご遺族が故人を送る気持ちを大切に」と考えています。

 故人とのお別れを言うのが、お葬式の 目的です。ですから、故人を送る気持ちを大切にすることが一番大切なことだと考えています。その故人を送る気持ちは、お葬式のかたちによりません。また、その気持ちは、他の人から(もちろん葬儀屋にも)うかがい知ることはできません。ご遺族が納得してお別れができるお葬式にすることが私たちが家族葬をおすすめしてきた理由です。


 安心してお葬式をしていただくために。

1、お葬式の手順や費用など必要な情報を、全て、ていねいにご説明します。
2、お葬式の内容・料金の面で、ご遺族の期待に応えるものです。
3、勝手に料金や見積りを変更しません。ご請求は、見積り通りです。


  

 僧侶ご紹介の料金を大幅に引き下げました。
 ご住職と交渉を重ね、お布施の引き下げにご協力をお願いすることができました。なお、NPO家族葬の会は紹介手数料をいただいておりません。



 お葬式は、故 人を悼むためのものですが、それだけではありません。同時に残された人たちの心を癒すものでもあります。そのお葬式が、家族の心を癒すどころか、家族の心労の種になってしまうこともあります。私たちNPO家族葬の会は、家族に代わって故人を悼むことはできませんが、ご家族の心労を少しでも小さくしたいと考え、活動を続けてまいりました。
 NPO家族葬の会は、家族葬など小さなお葬式を広めるための活動をするNPOです。家族葬や直葬など小さなお葬式をサポートするほか地方自治体の住民サービスのための活動などにも、講演会への講師派遣などを通じて参加させていただいております。また、葬儀施行組織としては、『正直な説明』と『ていねいな仕事を低料金で』することによって、皆様の信頼を得ることを目標にしています。


  ご希望どおりの良質なサービスを、低料金でご提供いたします。
   
<内容と料金については、出来るだけご意向に沿えるよう努力をいたします。>
*故人とご遺族のお考えどおりのお葬式をサポートいたします。
*お見積りの時に、お葬式に必要な全てをご説明いたします。
お見積り通りのご請求です。
*透明で明快な低料金システムです。
   ・必要な品目だけを選択していただきます。
   ・低料金(内容と品質は安心していただけます)。
   ・安心なお取引(落ち着いて冷静にお考えいただきます。)

* NPO家族葬の会の料金は、一番のとは申しませんがかなりの低料金です。ぜひ、他業者の見積もり(宣伝用のではなく実際にかかる費用)を比較してください。)
*NPO家族葬の会の料金の表示は、一律ではないお葬式費用を出来るだけていねいにお伝えするため、少しだけ煩雑なものになってしまっています。
*しかし、実際にかかった費用でお客様を失望させたことはありません。その点については自信を持っています。

    <トピックス>
エンディングノート(無料)を作成しました。

「お布施定額制」について

*プリントアウト用資料を作成いたしました。


○お葬式を出した経験が無い方へ
都市部にお住まいの多くの方は、お葬式を出した経験をお持ちでないのが普通です。初めてのお葬式の経験の場合、葬儀に関する知識を得ることは簡単ではありせん。そうした方のために、このホームページなどを通じて「家族葬・通夜葬・1日葬儀・直葬(火葬式)とはどんなお葬式か」、「具体的にはどうすればよいのか」などの情報をお伝えしたいと考えています。また、当会は「無料葬儀相談室」を運営し、家族葬に限らず、葬儀一般のご相談も受け付けています(もちろん無料、匿名で)。 不安や心配をお持ちのみなさまにこそ、NPO家族葬の会をご利用いただきたいと思っています。

NPO家族葬の会の河嶋のブログです。

家族はどこへ行くのか?
 昨日(2013年9月4日)最高裁判所の大法廷は、非嫡出子に対する相続上の差別を違憲としました。親が婚姻しているかどうかでその子供が、相続に際して嫡出子の半分でなければならないという規定を違憲としたというわけです。最高裁の当然の判断なのですが、なぜ今まで時間がかかったのでしょうか。判決の中で述べられていた理由は、「婚姻や家族の在り方に対する国民の意識の多様化が大きく進んで」おり、「家族の中で個人の尊重がより明確に認識されてきた。子に選択の余地がない事柄を理由に不利益を及ぼすことは許されないとの考え方が確立されてきている」と述べています。こうした認識は、いつものことながら、ずっと進んでしまっている実態を追認する形になってしまっているのですが、未だに、「こうした考えは家族制度を崩壊させる」という理由で反対する考えが根強いのも事実です。言うまでもなく、家族制度は既に大きく変化してきていますが、それを崩壊ととらえるかどうかはその人その人の考え方の問題です。封建社会を規範としてその家族制度を維持したい人々は、現実を見ていない人々です。自分の身の回りをよく見てみれば、封建的な家族制度が大きな悲劇を招いてきたことが理解できるはずです。
  続きは次回。
 (過去のトップページブログ⇒)

1日葬儀をなさいませんか?  
 「正式な儀式ではなく、もう少し簡素に」という方のために、新しいタイプのお葬式=「1日葬儀」をご提案します。家族葬のひとつとして、1日葬儀をこのHPでご提案して以来、短期間にもかかわらず、多くの方から支持をいただいています。通夜をしっかりと行えば、納得のいくお別れができるとお考えの方が多いのだと思います。形式としては聖職者を呼ばれる方と無宗教で行われる方はほぼ半々です。場所はご自宅と貸し式場が多く、地域や団地の集会所がこれに続きます。(ちなみにご自宅の場合は、少人数であれば6畳間か8畳間があればなんとかなります。狭いからとあきらめず、ご相談ください。)
NPO家族葬の会は1日葬儀用に簡易花祭壇を開発するなどしてきましたが、1日葬儀をいっそう充実させるため努力をいたします。
  1日葬儀の費用へ


*「家族葬の会」とホームページに関するお知らせ


*NPO家族葬の会の目的は、家族葬を広めることです。 そのため当会は、家族葬・1日葬儀・火葬式(直葬) ・民生葬など小さなお葬式をサポートします。 また 「無料葬儀相談室」の運営や地方自治体の消費者支援部門が行う学習会への講師派遣などの活動を行っています。

  無料葬儀相談室
NPO家族葬の会は、家族葬と葬儀の無料相談室を運営しています。純粋な相談サイトで、葬儀社などのご紹介はいたしません。 安心して遠慮なくご利用ください。
 ・NPO家族葬の会/携帯サイト



Copyright(C)2003-2008. NPO 家族葬の会 All Rights Reserved.