家族葬相談センター NPO 家族葬の会についてサイトマップお問合せ

家族葬
ご相談・お問い合わせ:0120-77-5402
サービス提供地域
東京都(23区・三多摩)
神奈川県東部・埼玉県南部
千葉県北西部
愛知県南部・三重県四日市市
京都府南部・大阪府
兵庫県南東部
石川県金沢市周辺

メールはこちら
NPO 家族葬の会 TOPコラム目次>お葬式を考える

コラム:お葬式を考える

自分の死と他者の死−1 「お葬式は何のためにするのでしょうか」

「お葬式は何のためにするの?」と聞かれれば、普通は「死者の冥福(死後の幸せ)を祈るため」とか「故人と最後のお別れをするため」という答えが返ってきます。 故人の死を悼み死後の幸せを祈る事が、葬儀の目的であることは言うまでもありませんが、それだけでは重要なことが欠けています。葬儀は、故人の死を通して生きている者が自分の死と生を考えるためのものでもあります。

▲ページ上へ

自分の死と他者の死−2 「死を見つめること」

古代から現代に至るまで、哲学者たちは死の恐怖を克服するために、死の意味を解明しようとしてきました。ソクラテスやプラトンは、哲学すると言うことは死の問題を研究すること以外の何ものでもないと教えました。また、宗教も同じです。どの宗教でも死の問題が最大のテーマです。死の恐怖を克服するために、たとえば天国や地獄という考え方を生みだしました。 アラスカ・インディアンは、死の数日前に自分で聖職者よび、家族を集めます。そして、自分の生涯について語り、遺言をし、ともに祈り、死を迎えると言います。まるで計画的であるかのように、充分な時間と安定した精神状態を得て、死を迎えます。死んでゆく者は自分の死を見つめ、残される者たちの幸せを祈ります。残される者は、親しかった家族の死と来るべき自分の死について考えます。

▲ページ上へ

自分の死と他者の死−3 「自分の死を見つめること」

アラスカインディアンのように家族に囲まれてではありませんが、チベット仏教の修行者は、山の中に入り、青空をじっと見つめ、自分の死の瞬間に備えます。 (死者の書)

オーストラリアの原住民アポリジニーも、老人になると一人で山に入り瞑想をします。何日も何日も頂上の岩の上に座り、社会生活やそれにまつわる感情の動きを忘れ何事も考えなくなるまで青い空をじっと見つめて、自分の体の中に宇宙を流れる巨大な力を感じ取り、死を迎える準備をします。

現代人は残念ながら、自分の死を見つめる精神的・時間的余裕が与えられることがあまりありません。病院で延命治療を受けていれば、自分の死を感じ取る事が難しくなってしまいます。また、家族を悲しませたくないという配慮から、自分の死について話合おうとはしないこともしばしばあります。(家族はしばしば、死ぬとは思っていなかったはずの故人の遺書を発見することがあります。)

また、人生において様々な困難に正面から立ち向かってこなかった人の多くは、自分の死について冷静に考えるだけの精神的余裕を持てません。

ゆったりとした時間の中で死について考えられる精神状態を持ち、自分と家族の人生について語り合い、家族に遺言(財産のことだけではありません)をし、人生を終える。これが本来の人間の死の迎え方(生の終え方)ではないでしょうか。

▲ページ上へ

自分の死と他者の死−4 「他者の死を見つめる」

現代社会に暮らす人々は、死や死に至る過程についてあまり語りません。また、子供の前ではそれはタブーとなっています。なぜタブーになっているかと言えば、子供たちがそれによって精神的なダメージを受けるのではないかと大人たちが考えるからです。

このことは、ナイフを持たせるとけがをするかもしれないから持たせないと言う話に似ています。ナイフを持ったことのない子供たちは、ナイフを扱えませんから、持ったときにはけがをしてしまいます。あるいは、その危険さが分からないから、人にけがをさせてしまいます。必要なことは、子供たちからナイフを遠ざけるのではなくて、その危険さと扱い方を教えることです。

現代人は子供たちから死を遠ざけてしまうことによって、死を(同時に生を)考えるチャンスを奪ってしまっています。親しい人の死を直視することは、人生において困難に立ち向かう精神力を養う大きな力となります。人間はたとえ子供であっても、子供なりのやり方で生と死について考えなければなりませんし、また考えることができます。そして人間は大人であっても子供であっても、他人の死に関わることによって、自分の死に対処できるようになります。自分の死に対処する備えのある人は、自分の生にもよく対処できるのです。

▲ページ上へ

自分の死と他者の死−5 「葬儀について」

葬儀は、生の終わりの一部です。死にゆく人は、自分の人生の終わりをどのように家族とともに過ごしたいかを考えることができます。また家族は、葬儀に深く関わる事によって、死に逝く人の生と残された者たちの生に思いを巡らせます。それ故に葬儀は、深い思いを人々に与えることができるのです。

私たちは、家族葬が人の生に深く関わることができるような葬儀であってほしいと願っています。

▲ページ上へ





無料葬儀相談室
家族葬 のお役立ち情報

家族葬 気になるあれこれ

家族葬の会コラム

家族葬について


365日24時間 フリーダイヤル 0120-77-5402  E-mail:mail@npo-kazokusou.net
特定非営利活動(NPO)法人「NPO 家族葬の会」
Copyright(C)2003-2008.NPO 家族葬の会All Rights Reserved.