家族葬相談センター NPO 家族葬の会についてサイトマップお問合せ

家族葬
ご相談・お問い合わせ:0120-77-5402
サービス提供地域
東京都(23区・三多摩)
神奈川県東部・埼玉県南部
千葉県北西部
愛知県南部・三重県四日市市
京都府南部・大阪府
兵庫県南東部
石川県金沢市周辺

メールはこちら
NPO 家族葬の会 TOPトップページブログ目次>河嶋の日記


トップページブログ(54)
御意見を[mail@npo-kazokusou.net]までお送りくだされば、大変ありがたく思います。


 (54) 便利であるということ
 便利であるということは、大切なことで、平たく言えば人類の成長の原動力です。いや人類だけではなく、地球上のあらゆる生物の進化の原動力です。アフリカで誕生した人類は食料を手に入れるためアフリカを出て世界中に進出しました。さらに、農業という安定的に食料を手に入れる手段を手にし、さらに科学技術を発展させてきました。この点についての最大の原動力は、広い意味での便利さの追求でした。
 しかし今、その便利さの追求は人間自身では制御ができなくなってしまうのではないかという局面に近づきつつあるのではないでしょうか。「原子爆弾を含むあらゆる武器は、それ自身に問題があるのではなく、使用する人間に問題があるのだ」という根強い説があります。アメリカでしばしば問題になる銃の所持の自由が問題になると、銃擁護派が必ず言う言葉です。護身のために銃を持つ権利をアメリカ人(アメリカ人に限らず)は持っているというわけです。しかしこの議論にはかけている視点があります。それは銃を持った人間の中に生まれる、一種の支配欲です。銃を持った人間が銃を持たない人間と相対したときに持つ優越的・支配的感覚は人を自分が人間として優っているかのような思い違いを生んでしまいます。これこそが銃の問題です。いくら護身用だといってみても、実際に銃が登場する局面は、様々ですから、それが所持する人にどのような感情を生み出すかということは予測がつきません。
 現代社会では住を含む武器を持つことは厳しく規制されています。それは単に武器が危険であるという理由からではありません。それを持つ人間がどのようにそれを使うかを規制することの方がずっと困難だからです。警官は銃の使用についての厳しい訓練を受けています(少なくとも建前上は)。空手の選手はその技を凶器として、使用を規制されています。つまりそれを持っている人に対する規制が有効でなければ、武器による犯罪は防げません。
 便利さも同じ側面があります。

以下は次回に。
 
 (2012.11.5)

トップページへ

家族葬の会のサポート
家族葬
通夜葬・1日葬儀
直葬(火葬式)
民生葬
自然葬(海洋・里山)
準備メモ
葬儀後のサポート

家族葬の会の料金
料金システム
料金一覧
家族葬の費用の実例
通夜葬・1日葬儀の費用と実例
直葬(火葬式)の費用と実例

家族葬の会のサービス提供地域
サービス提供地域
施行のシステムについて
支部事務所一覧

火葬場一覧
火葬場・公営斎場一覧
(東京都・神奈川県東部・千葉県北西部・埼玉県南部)
地域家族葬情報
(東京都・神奈川県東部・埼玉県南部)

NPO家族葬の会は、家族葬と葬儀の無料相談室を運営しています。純粋な相談サイトで、葬儀社などのご紹介はいたしません。 安心して遠慮なくご利用ください。


家族葬 のお役立ち情報

家族葬 気になるあれこれ

家族葬の会コラム

家族葬について
365日24時間 フリーダイヤル 0120-77-5402  E-mail:mail@npo-kazokusou.net
特定非営利活動(NPO)法人「NPO 家族葬の会」
Copyright(C)2003-2008.NPO 家族葬の会All Rights Reserved.