家族葬相談センター NPO 家族葬の会についてサイトマップお問合せ

家族葬
ご相談・お問い合わせ:0120-77-5402
サービス提供地域
東京都(23区・三多摩)
神奈川県東部・埼玉県南部
千葉県北西部
愛知県南部・三重県四日市市
京都府南部・大阪府
兵庫県南東部
石川県金沢市周辺

メールはこちら
NPO 家族葬の会 TOPトップページブログ目次>河嶋の日記


トップページブログ(27)
御意見を[mail@npo-kazokusou.net]までお送りくだされば、大変ありがたく思います。

NPO家族葬の会について
 私達の組織は設立しておよそ8年です。葬儀業者としては新しいのですが、普通の社会人としてこの仕事を始めました。そして、このことのために組織は赤字を続けています。しかし、私達は普通の人間としてこの仕事に携わっていることに、おこがましいのですが誇りのようなものを持っています。@お客様に対しては出来るだけていねいにわかっている情報は全てお示しすること。Aうそをつかないこと。Bこの組織を続けていくために最小限の利益を生み出す価格設定にすること。以上のようなことを私達の基本的な考え方として運営してきました。
 世界はいま大きな曲がり角を曲がってしまったように見えます。1930年代の世界恐慌を機に金本位制から離脱し、各国政府は必要であれば紙幣(信用通貨)をいくらでも作り出すことが出来るようになりました。はじめはそれは緊急避難的な使われ方をしてきましたが、いつしかその紙幣の発行に頼って財政運営をするのが当たり前となりました。政権担当者は次の選挙で勝つために悪いと思いながら国債の発行などを通じて通貨を発行し、財政政策の自由を確保してきました。もちろん誰かがその付けを支払わなくてはならないわけですから、悪いことと知っていながらおこなってきました。これまでニおこなわれた付けの支払い方は極端なインフレーションによる戦時国債をなかったことにしてしまう方法以外はおこなわれたことがありません。将来の納税者が支払うと言うのが普通の考えですが、そんなことを本気でやろうとすれば政権は簡単に崩壊してしまうでしょう。また、巨額の国債発行に支えられた身の丈にあわない経済成長は公害問題の急激な悪化を伴うなど社会の大きな壁を作ってしまいました。1930年からの成長の枠組みは崩壊しました。世界中がこれから長い間苦しまなくてはなりません。
 葬儀業界も長い低迷期に入っています。経営の苦しさは増すばかりです。しかし、私達は今後も、リピーターやよい噂を獲得できる誠実な葬儀業者でありたいと思っています。

(2012.4.14)



トップページへ

家族葬の会のサポート
家族葬
通夜葬・1日葬儀
直葬(火葬式)
民生葬
自然葬(海洋・里山)
準備メモ
葬儀後のサポート

家族葬の会の料金
料金システム
料金一覧
家族葬の費用の実例
通夜葬・1日葬儀の費用と実例
直葬(火葬式)の費用と実例

家族葬の会のサービス提供地域
サービス提供地域
施行のシステムについて
支部事務所一覧

火葬場一覧
火葬場・公営斎場一覧
(東京都・神奈川県東部・千葉県北西部・埼玉県南部)
地域家族葬情報
(東京都・神奈川県東部・埼玉県南部)

NPO家族葬の会は、家族葬と葬儀の無料相談室を運営しています。純粋な相談サイトで、葬儀社などのご紹介はいたしません。 安心して遠慮なくご利用ください。


家族葬 のお役立ち情報

家族葬 気になるあれこれ

家族葬の会コラム

家族葬について
365日24時間 フリーダイヤル 0120-77-5402  E-mail:mail@npo-kazokusou.net
特定非営利活動(NPO)法人「NPO 家族葬の会」
Copyright(C)2003-2008.NPO 家族葬の会All Rights Reserved.